MENU

ケンブリッジでキリスト教の洗礼式に参加してきた!

半年前ぐらいに近所の教会でパンケーキが無料で食べられると聞いて1人でノコノコ参加した時に、話しかけてくれたのがケンブリッジ大学の医学部の女の子。そこから仲良くなって、何度か彼女のカレッジ(しかもケンブリッジで一番有名なカレッジでびっくり)の寮に行ってお話したり、彼女が日本食を振る舞ってくれたりして、10歳近く年齢は違うのだけど、とっても仲良くしてもらっています。

作ってくれた牛丼

彼女は5歳から大人に混じって議論をしていたそうで、私のとっても聞きづらい英語に対しても、話を深めたり広げたりすることが本当に上手。ケンブリッジで色々な人に出会いましたが、彼女ほど聞き上手/質問上手な人には他に出会ってないかもしれないです。今の社会について、今までの自分の人生について、何が嬉しくて何が嫌だったのか、今後は何を大切にして生きていきたいのか、彼女とたくさんいろんな話をしました。彼女と話すと「はあ、今日の会話本当に楽しかったなあ」と心から思えます。彼女はとても人間力のある人。彼女にはとても感謝しているのと同時に、彼女のことをとっても尊敬しています。

この日はわざわざ天ぷらを揚げてくれた!

彼女はキリスト教徒で、先週は毎週行っているという教会に私のことも誘ってくれました。それがケンブリッジの「KingsGate Community Church」毎週日曜日は10時からケンブリッジ大学の音楽学部のホールを使って集会が行われています。写真を撮らないほうがいいのかなと思ったので、ここからは写真がないのですが、教会?建物には老若男女100人ぐらいの人がいて、ワイワイ。10時になると、ホールに入って讃美歌?を歌いました。音響がまず凄い!それもそのはず。このホール、普段はプロのコンサートが行われている場所だそうです。讃美歌も今風?みんな体を揺らしながらノリノリで歌っていました。ステージで讃美歌を歌っている人もみんなかっこよい。ステージの前では子供が踊ったり、LGBTQのレインボーのフラッグを持って踊っている大人もいて自由な雰囲気でした。

讃美歌が終わった後は、牧師さんのお話。ここでもびっくり。牧師さんがイケメン!!!ジーンズにTシャツ、スニーカーの出立ちで、風貌はIT企業で働いているイケイケの人のよう。しかもお話もスクリーンに映し出されるスライドを見ながら手振り身振りで演説。途中では「聖書にはこう書いているけど、チャットGPTだとどうだろう?」と検索して紹介したり、話も身近でわかりやすくてとても面白かったです。

そして今日は2ヶ月に1回の洗礼式の日でした。洗礼式を受ける人はその前にみんなの前でスピーチをして、ステージに用意されたプールに沈められ、洗礼を受けてました。私の英語理解能力が正しければ、プールに沈めらることは「死」を意味し、そこから起き上がることは「復活」を意味するそう。キリストは人々の罪を背負って死んで生き返った。人間も死んでもキリストのように死んでも、新しく復活しますと、洗礼式で神に約束し、そして水で清めることは今までの罪を洗い流し、新しい自分に生まれ変わることができるという意味があるそうです。

洗礼式は初めて参加したのですが、今まで経験したことのないような感覚でした。洗礼を受けた人を皆が歓声を上げて祝福する光景はとってもエネルギッシュで愛のある空間だった!私はキリスト教徒ではないですが、こういうコミュニティーに参加していて、自分の居場所があること、周りの人に祝福される空間で自分が生きていけることはいいなあと思いました。教会はあまり行ったことがなかったので、今回いい経験が出来て良かったです。呼んでくれたお友達は私に彼氏や彼女のお友達も紹介してくれて、彼氏もお友達もみんないい人そうで良いなあと思いました。

以上、ケンブリッジで洗礼式に行ってみたお話でした。こちらの教会の集会は日曜は誰でも参加できて、ピクニックや子どもの遊び場もありました。ホールで讃美歌を聞くのも迫力があって良い体験になると思うのでもし良かったら!私もまた参加しようと思ってます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 初めまして。日本 横浜からコメントさせていただきます。
    去年のゴールデンウィークに初めてイギリス(スコットランド)旅行してからすっかり気に入ってしまい、計3回一人旅で訪れました。
    色々ネットで情報収集してる中で、いくたさんのブログを見つけて読んでいて、観点や考え方が興味深いなあと思い楽しんで読んでいます。
    日本人の給料では今のイギリスは物価が高すぎて、でも行きたいので、なるべく節約したい。。なのでスーパーで美味しかったものや、お土産、現地の声がとても役立っています。
    次に行けるのは来年のゴールデンウィークかなあと思いつつ、また参考にさせていただきますね。

コメントする

目次